ページの先頭です

ここから本文です。

国立市デザインマンホール蓋

デザイン由来設置場所

画像:旧国立駅舎

旧国立駅舎

国立市には、かつて、まちのシンボルと強く認識された三角屋根の旧国立駅舎がありました。そして、国立駅から南へまっすぐ伸びる大学通りの幅はなんと約44メートルもあり、通りの両側のグリーンベルトには桜が植えられ、春には花びらのカーテンがまちをピンク色に染めます。国立市で設置している一部のマンホール蓋には、旧国立駅舎を大学通りから望んだ春の風景がデザインされています。 国立駅北口(駅前広場)、国立駅南口
マンホールカードの有無カード配布場所
あり 旧国立駅舎 国立市東1丁目1-69 (窓口)まち案内所
JR国立駅南口から徒歩1分

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。