ページの先頭です

ここから本文です。

特集2 下水道料金

その他の号はこちら

下水道施設の維持管理などには膨大な費用が必要となります。
都民の皆さまからいただいている下水道料金は、どのようなしくみになっているのかご紹介します。

下水道料金の算出

東京都下水道局では、皆さまが毎日流す汚水の処理に要する費用を下水道使用料(下水道料金)としていただいており、また、自然現象を原因とする雨水の処理に要する費用は都税で負担していただいています。
下水の中にはいろいろなものが入っているため、下水の量を水道のようにメータで測ることが困難です。そこで、水道水による汚水を排除した時は、水道の使用量を下水使用量とみなします。(下水道条例第16条第1項)またその料金は、別表のとおり排出量が多くなるほど、1m3あたりの単価が上がる料金体系となっています。

下水道料金表(1か月)

(下水道料金は下記の表で算出した金額に100分の105を乗じたものです) (平成26年3月現在)

汚水の種類排出量(m3料率(円)
一般汚水 0〜8m3 560円
9〜20m3 1m3につき 110円
21〜30m3 〃 140円
31〜50m3 〃 170円
51〜100m3 〃 200円
101〜200m3 〃 230円
201〜500m3 〃 270円
501〜1000m3 〃 310円
1001m3以上 〃 345円
浴場汚水 0〜8m3 280円
9m3以上 1m3につき 35円

下水道料金計算例(1か月分)

24m3ご使用の場合

8m3までの金額 560円
9m3から20m3までの金額 1,320円(12m3 ×110円)
21m3から24m3までの金額 560円(4m3 ×140円)
計 2,440円

下水道料金=2,440×1.05=2,562円
(1円未満の端数は切り捨てる。)

※ 下水道料金には、消費税相当額が含まれます。
なお、月の途中において公共下水道の使用を開始またはやめた場合の料金は、その日数が15日以内の場合は、2分の1か月として算定します。

水道水のほか、工業用水、簡易水道、井戸水、湧水(ビル湧水等)、雨水利用水などを併せて流している場合は、その合計排出量に対して、上記の表が適用されます。

皆さまからいただいている下水道料金は、下水を毎日休みなく処理している下水道管・ポンプ所・水再生センターなどの下水道施設の維持管理に使われています。

下水道料金の減免について

東日本大震災による避難者の方で23区内に避難し居住している方、及び避難者の方が同居している世帯を対象に1月当たり8m3以下の汚水排出量に係る料金の全額を減額する減免制度を行っております。そのほかの減免制度について、詳しくは当局ホームページをご覧ください。

表紙

特集1 下水道管の再構築

春のイベント案内

コラム アースくんと学ぶ!下水道のお仕事 Vol.4

江戸下水道散歩 弐拾

お知らせ

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。