ページの先頭です

ここから本文です。

知ってる?合流式下水道

その他の号はこちら

合流式下水道は、汚水と雨水を一つの下水道管で集める方式で、分流式下水道は、汚水と雨水をそれぞれ別の下水道管で集める方式です。
東京23 区の約8割は、合流式下水道で整備されています。
今回は、それぞれの下水道の特徴と、東京都下水道局の取組を紹介します。

 合流式下水道の特徴

弱い雨の日には、地面や道路の汚れを雨と一緒に下水道管に集めて、水再生センターで処理できます。

強い雨の日は、市街地を浸水から守るため、汚水混じりの雨水が川などに放流されます。

1本の下水道管を整備すればよいため、分流式下水道と比べて早く、安価に整備できます。

晴れの日・弱い雨の日

強い雨の日

 分流式下水道の特徴

雨は全て川などに放流されるため、地面や道路の汚れが雨とともに流れ出ます。

汚水管と雨水管の2本の管を整備する必要があるので、合流式と比べて費用が高くなります。

分合流式下水道の特徴

 ?なぜ東京都では合流式下水道が採用されたの?

明治時代のはじめ頃、東京ではコレラの流行による多くの死者が発生するとともに、地盤の低い地域などでは大雨による浸水被害が頻発していました。
そこで、トイレの水洗化などによる衛生環境の改善と雨水の速やかな排除とを同時に対応するため、合流式下水道による整備が採用され、下水道は安全で快適な都市の早期実現に大きく貢献してきました。
古くから市街化が進展した国内の大都市や世界の主要都市でも、合流式下水道が採用されています。

大阪市、名古屋市など全国191 都市、ニューヨークやロンドンも合流式下水道を採用しているよ

 ?合流式下水道を分流式下水道に変えることはできる?

合流式下水道を分流式下水道に変更するには、多くの費用と長い年月が必要になります。
都心部は道路の幅が狭く、地下には下水道管以外にも様々な埋設物があるため、道路下に新たにもう一本の下水道管を整備することは困難です。さらに、各家庭の敷地内に汚水と雨水それぞれの管を設置するスペースの確保が難しい場合が多く、加えてお客さまの負担により実施しなければなりません。
このため、下水道局では、合流式下水道の利点を生かしつつ、雨の降り始めの特に汚れた下水を一時的に貯めておくための施設を整備するなど、合流式下水道から川などへ放流される汚れを削減する対策を進めています。

 合流式下水道を改善する様々な取組

川沿いの雨水吐口に「水面制御装置」を設置し、オイルボールやごみなどの流出を抑制する対策を実施しています。

合流式下水道のを改特善徴する様々な取組

←水面制御装置
・「ガイドウォール」という壁を設置
・せき止められたごみなどは、水の流れと「水面制御板」という板によって発生する渦に巻き込まれて、水再生センターに流れていきます。

この仕組みは、令和元年度土木学会賞「環境賞」を受賞したんだって。下水道局twitterで動画を紹介しているので、見てみよう!

雨の降り始めの特に汚れた下水を一時的に貯めておくための施設を整備し、川や海に流れ出る汚れを大幅にカットしています。

芝浦水再生センター雨天時貯留池

←品川シーズンテラスの地下にある「芝浦水再生センター雨天時貯留池」
この貯留池だけで、7万6 千m3(学校のプール約250 杯分)の下水を貯めることができます。

貯めた下水は、雨が止んだ後、水再生センターできれいにしているよ。

下水道局では、街を浸水から守るとともに、公共用水域の水質改善を推進していきます。ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

表紙

もし、震災が起こったら?

下水道料金ってなんだろう?

第24回 鉄蓋大好き!

第16回 下水道れきし旅

芝浦水再生センターWeb 見学開始!

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。