ページの先頭です

ここから本文です。

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事

完成予想図

工事の目的と効果

    • 汚泥焼却炉の法定耐用年数は10年ですが、今回工事対象となった汚泥焼却炉は平成4年の稼働から20年以上運転を続けており老朽化が進んでいました。このため、本工事で汚泥焼却炉の再構築を図ります。

    • 再構築に当たっては、廃熱からの熱回収と高い発電効率のバイナリー発電機を組み合わせることにより、焼却炉で使用する電力を発電で賄い温室効果ガス削減を図ります。

『バイナリー発電機はつでんき)』: 沸点の低い媒体を加熱・蒸発させて、そのガスでタービンを回す発電方式。名称は加熱源系統と媒体系統のバイナリー(Binary:2つの)熱サイクルを利用することに由来。

工事のながれ

  • 現場での施工に先立ち、設置する焼却炉の荷重や炉を動かすために必要な補機の詳細な配置計画を検討します。また、今回設置する焼却炉は発電機による発電も行うため、送電電路のルートや容量の検討なども行っています。
  • 設置予定地の土質を調査し、設備の重量を支えるための土台(床盤)を計画します。
  • 汚泥焼却設備工事の様子を次のページから順番に説明します。

【1】ベースコンクリート打設完了

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:ベースコンクリート打設完了

型枠・鉄筋の受け台となるベースコンクリートを打設します。この後、床版を築造します。

打設だせつ)』:生コンクリートを型枠内に流し込むこと。

床版しょうばん)』:焼却設備の重さを支える床のことです。今回の床版は、コンクリートの芯に鉄筋を入れた鉄筋コンクリートで作ります。

【2】床版用配筋、機械設備基礎配筋

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:床版用配筋、機械設備基礎配筋杭打ち完了

床版の配筋と同時に機械設備基礎の配筋とベースプレートを設置します。この後、コンクリートを打設して、床版が完成します。

配筋はいきん)』:鉄筋コンクリートの芯となる鉄筋をかご型などに組み立てること。

機械設備基礎きかいせつびきそ)』:機械設備をコンクリート構造物に固定させるための土台のことです。基礎の設計にあたっては、機械の静止・動作時の荷重や耐震性などの条件を考慮しています。

『ベースプレート』:機械設備や鉄骨の柱などを置く場所になる金属製の板のことです。設備などを置いた際に、水平・垂直になるように調整して取り付けます。

【3】床版築造、機械設備基礎用型枠

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:床版築造、機械設備基礎用型枠

床版が完成し、機械設備基礎を製作している途中です。コンクリートを打設するための型枠を設置しています。

【4】汚泥焼却炉ケーシング設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:汚泥焼却炉ケーシング設置

汚泥焼却炉のケーシングを設置しました。ケーシングの総重量は70トンを超え、20枚以上の鋼板の組み合わせで作り上げられています。

『ケーシング』:焼却炉の本体(外側)になる鋼製の殻のことです。円筒形の鋼板を現場溶接でつなげて作ります。

【5】ろ過式集塵装置設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:ろ過式集塵装置設置

ろ過式集塵装置を設置しました。ろ材には多孔質のセラミックが使用されています。

『ろ過式集塵装置かしきしゅうじんそうち)』:燃焼排ガス中の焼却灰を除去し、煙突から放出される排ガス中に含まれる細かな灰の量を規制値以下にするためのものです。

【6】架台建方(2節目

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:架台建方(2節目)

点検用の歩廊や配管、ケーブル等を設置するための架台を建てます。

節目せつめ)』:鉄骨建方で1本分の鉄骨柱の高さを1節と数えます。数え方の例を下に示します。

節目図

【7】排煙処理塔設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:排煙処理塔※設置

汚泥焼却炉で発生した排ガスを処理する設備(排煙処理塔)を設置しました。

また、焼却炉の廻りには点検用の歩廊や配管、ケーブル等を設置するための架台が組み上げられはじめています。

排煙処理塔はいえんしょりとう)』:排煙処理塔は、排気ガスに含まれる硫黄酸化物、塩化水素、塩素等の物質を洗浄処理するのと同時に排気ガスの冷却・減湿を行います。

【8】脱水ケーキ定量フィーダ設置、架台建方(5節目)

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:脱水ケーキ定量フィーダ設置、架台建方(5節目)

架台を汚泥焼却炉とほぼ同じ高さ(約20m)まで建てたところです。また、焼却炉本体近傍には脱水ケーキ定量フィーダが組み上がりました。

脱水だっすい)ケーキ定量ていりょう)フィーダ』:薬品と機械を使って脱水した汚泥(脱水ケーキ)を一時貯留し、焼却能力に見合った脱水ケーキを連続定期的に供給する設備。

【9】汚泥焼却炉内部の耐火レンガ

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:汚泥焼却炉内部の耐火レンガ

汚泥焼却炉の内部です。焼却炉の内径は大きいところで約7mです。

焼却時の内部は850℃の高温になります。耐火レンガなど三層構造で断熱します。

三層構造さんそうこうぞう)』の耐火物:汚泥焼却炉の外殻は鋼板製のため、内部に耐熱、耐火性のあるレンガなどを三層に貼り付けます。三層の構成例を下に示します。この構成以外にも炉内の温度や構造に合わせて耐火キャスタブルなどを使用する場合もあります。

三層構造図

【10】配管・ダクト設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:配管・ダクト設置

焼却炉からの排ガスを煙突に導くダクト並びに脱水ケーキを焼却炉に供給する配管を設置しているところです。焼却炉廻りの架台には各階に床と手摺が設置されました。

【11】汚泥脱水機架台設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:汚泥脱水機架台設置

脱水ケーキ定量フィーダの廻りに汚泥脱水機の架台を組み始めました。

汚泥脱水機おでいだっすいき)』:汚泥中の水分を減少させることで汚泥量を減少させ、その後の焼却処理負荷を軽減させるための設備。

【12】汚泥脱水機設置

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:汚泥脱水機設置

脱水ケーキ定量フィーダの上に汚泥脱水機を設置しました。

【13】現況

新河岸水再生センター汚泥焼却設備再構築その2工事写真:現況

エネルギー自立型焼却炉の肝であるバイナリー発電機を設置しました。

今後、動力ケーブルの接続や防音壁を設置します。

お問い合わせ先

第二基幹施設再構築事務所設備工事課

03-5781-8204

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。